そもそもアミノ酸って何

そもそもアミノ酸って何?

アミノ酸とは、簡単に言うとたんぱく質を作っている成分のことです。
人間の身体は10万種類にも及ぶたんぱく質から作られていますが、そのたんぱく質を作っているのは20種類のアミノ酸です。

 

血管や皮膚、内臓、筋肉、髪など人間の身体はたんぱく質から作られています。
人間の身体のたんぱく質は20種類のアミノ酸のさまざまな組み合わせによって
血管になったり、臓器になったり、皮膚になったり髪になったりしています。
人間の身体の中のたんぱく質の割合は体重の約20%だと言われているので、
身体の約20%がアミノ酸で出来ているとも言えるのです。

 

身体を作っている重要な成分のため、アミノ酸が不足してしまうと免疫力や体力の低下、成長が止まる、うつ病やイライラ、
ホルモンバランスの異常による様々な不調、不眠、肌荒れや抜け毛が起こってしまうと言われています。

 

日本では一般的な食事を行っていれば、アミノ酸が極端に不足してしまってこれらの不調が起こることはあまりありません。
しかし過度なダイエットなどで厳しい食事制限を行ってたんぱく質を摂取しないようにしていると、これらの症状が現れてしまう可能性はあります。
大豆や肉など、たんぱく質をきちんと摂取することで、人間の健康は保たれているともいえるのです。

 

 

 

 

 

INZ post