「アミノ酸配合シャンプー」と「アミノ酸シャンプー」の違い

「アミノ酸配合シャンプー」と「アミノ酸シャンプー」の違い

頭皮に優しい、髪に良い、という理由でアミノ酸シャンプーを選んでいる人も多いことでしょう。
人の体内に存在する栄養素であるアミノ酸を主成分とするシャンプーは、
従来のシャンプーよりも低刺激で頭皮にやさしいと考えられています。

 

大人気のアミノ酸シャンプーですが、実はアミノ酸配合シャンプーというものもあります。
アミノ酸という言葉が前面に出ているため、両者の違いが分からずに購入している人もいるでしょう。
アミノ酸シャンプーとアミノ酸配合シャンプーではアミノ酸の配合量がまったく違いますので注意しましょう。

 

アミノ酸シャンプーとは、洗浄成分にアミノ酸由来のものを主に使っているシャンプーのことです。
アミノ酸由来の界面活性剤はいろいろありますが、よく使われているのはココイルグルタミン酸や、ココイルアラニンなどです。
成分表示を見て、ココイル〜という名前がはじめのほうに書かれていれば、アミノ酸シャンプーと思って良いでしょう。

 

それに対してアミノ酸配合シャンプーとは、アミノ酸由来の界面活性剤を混ぜてはいるものの、
主な洗浄成分は石鹸や石油由来の界面活性剤です。
成分表示のはじめのほうに〜硫酸と書かれていれば、アミノ酸配合のものです。
〜硫酸は高級アルコール系界面活性剤であり、洗浄力は高いものの頭皮や髪に強い刺激を与えます。

 

INZシャンプーは、アミノ酸シャンプーですよ!

 

 

 

 

 

INZ post