アミノ酸系シャンプーとは?

アミノ酸系シャンプーの基礎知識

よくアミノ酸系シャンプーは髪にとって良いと言われています。
INZシャンプーもまたアミノ酸系シャンプーなのですが、そもそもアミノ酸系シャンプーというのはどのようなものなのでしょうか。

 

シャンプーを分類するときにいくつかの分類方法がありますが、そのうちの一つが洗浄成分によっての分類です。

 

洗浄成分が強ければ確かに洗浄力は強いということになりますが、一方で本来髪にとって必要な皮脂まで洗い流してしまったり、
頭皮にとって強い刺激が与えられてしまうことがあります。

 

洗浄成分は大きく分けると硫酸系、スルホン酸系、石鹸系、そしてアミノ酸系があります。

 

硫酸系のシャンプーは泡立ちも良く洗浄成分が強いものの、必要な皮脂も洗い流してしまい頭皮に強い負担がかかります。
環境にも良くないと言われています。

 

スルホン酸系もやはり硫酸系と同様に洗浄成分が強くすっきり感がありますが、
洗浄力が強すぎてさらに環境には大きな負荷がかかります。

 

石鹸系はお肌にはとても優しい成分でありながら汚れはしっかりと洗い流すことが出来ますが、
石鹸はもともとアルカリ性という性質があるために髪がきしんでしまうためにシリコーンを配合している場合があります。

 

アミノ酸系のものは低刺激でありながらも洗浄力はありますが、必要な皮脂などはちゃんと残してくれます。
ただ、どうしても製造原価が高いために割高感があり、シャンプーをした後にすっきりとした感じがやや欠けるという欠点はあります。
ただし、育毛サロンなどでは好まれてアミノ酸系シャンプーが使われていますよ。

 

 

 

 

 

 

INZ post